バナー
本文へジャンプ HOME 

田中良子(卓球)

Title:タナカヨシコ


Photo

写真工事中

Data

 柳井は戦前から卓球の町といわれています。
 昭和24年(1949)、当時柳井高校2年生だった田中良子選手は、全日本卓球選手権シングル一般女子の部の優勝を果たし、最年少チャンピオンの記録を作りました。同じ大会で、田舛彦介選手と組んだミックスダブルスでも優勝しています。
 昭和29年(1954)の卓球世界選手権ロンドン大会では、女子団体優勝、女子シングルス準優勝に輝くなど、素晴らしい成績を残しています。

<全日本選手権>
 昭和24年(1949) 女子シングルス優勝
 昭和24年(1949) 混合ダブルス優勝(田舛彦介・田中良子 組)
 昭和26年(1951) 混合ダブルス優勝(峰石忠雄・田中良子 組)
 昭和27年(1952) 女子シングルス優勝
 昭和28年(1953) 女子ダブルス優勝(田中良子・田坂清子 組)

<アジア選手権>
 昭和27年(1952) 女子ダブルス優勝(田中良子・ナシクワラ 組)
 昭和28年(1953) 混合ダブルス優勝(田舛吉ニ・田中良子 組)

<世界選手権>
 昭和29年(1954) 女子団体優勝
 昭和29年(1954) 女子シングルス準優勝
 昭和30年(1955) 女子団体準優勝
 昭和30年(1955) 女子ダブルス3位(田中良子・楢原静世 組)
 昭和31年(1956) 女子団体3位
 昭和31年(1956) 女子ダブルス3位(田中良子・大川とみ 組)
 昭和31年(1956) 混合ダブルス3位(藤井基男・田中良子 組)

●女子高校生の全日本卓球選手権チャンピオン●
 平成22年度の卓球の全日本選手権女子シングルスは、山口県出身の石川佳純選手(四天王寺高校)が高校生としてみごと優勝を飾り話題となりましたが、女子高校生として初めて全日本選手権に優勝したのは、柳井市出身の田中良子選手(柳井高校)です。
 その後、星野美香選手(前橋東高校)、佐藤利香選手(白鵬女子高校)が優勝しており、石川佳純選手(四天王寺高校)は、4人目の女子高校生チャンピオンとなったわけです。

Memo    
●メモ:  

資料提供:
監修:松岡睦彦

 
〒742-8645 山口県柳井市中央二丁目15-1
TEL0820-22-3731 FAX0820-22-8811
当WEBサイトに掲載されている全データについて無断転載・引用を禁じます。