バナー
本文へジャンプ HOME 

白井小助

Title:シライコスケ


Photo



Data

 白井小助は、儒学者の長男として文政9年(1826)萩市に生まれました。
 26歳の頃、柳井市阿月に移住し、浦靭負の家臣となりました。
 江戸に行き、佐久間象山に砲術を学びましたが、このとき吉田松陰と起居をともにし、二人は親友となりました。
 後に浦家の学塾「克己堂」の学頭となりました。
 第二奇兵隊の創設に尽力し、四境の役大島口戦で総督として活躍、また戊辰戦争では討幕軍参謀として活躍しました。
 維新後は、明治維新のポストを断り、平生町田布路木に私塾「飯山塾」を開いて子弟の教育に務めました。

<周南の独眼竜>
 訓練中、雷管が爆発し、右目を失明する不運に見舞われ、「周南の独眼龍」と書いたスゲガサをかぶっていたとも伝えられています。
 

Memo    
●メモ: 1826〜1902年 

資料提供:
監修:松岡睦彦
H23.08加筆

 
〒742-8645 山口県柳井市中央二丁目15-1
TEL0820-22-3731 FAX0820-22-8811
当WEBサイトに掲載されている全データについて無断転載・引用を禁じます。