バナー
本文へジャンプ HOME 

松本清張

Title:マツモトセイチョウ


Photo



Data

 小説家 松本清張は、柳井ゆかりの文学者です。
 清張のミステリー長編小説『花実のない森』には、柳井のことをこう紹介しています。
 「珍しい町の風景だ。近年、こういう古めかしい場所がだんだん少なくなっている。世に有名なのは、伊豆の下田と備中の倉敷だが、ここにもそれに負けないような土蔵造りの家が並んでいる。歩いている人間も静かなものだし、店の暗い奥にすわっている商人の姿も、まるで明治時代からその慣習を受け継いでいるような格好であった。」
 この一節は、白壁ふれあい広場の一角に建てられている「松本清張文学碑」に刻まれています。
 文学碑は、平成9年3月16日に、故松本清張氏御婦人・御子息などをお迎えして除幕されました。

Memo    
●メモ: 柳井市発行『ふるさとの碑』参照

資料提供:柳井市観光協会
監修:松岡睦彦

 
〒742-8645 山口県柳井市中央二丁目15-1
TEL0820-22-3731 FAX0820-22-8811
当WEBサイトに掲載されている全データについて無断転載・引用を禁じます。