バナー
本文へジャンプ HOME 

柳井商工会議所歴代会頭

Title:ヤナイショウコウカイギショレキダイカイトウ


Photo

写真工事中

Data

 明治11年(1878)3月、今日の商工会議所の前身である東京商法会議所が発足し、さらに同年8月に大阪、10月に神戸にそれぞれ商法会議所が誕生しここに商工会議所の歴史が始まりました。
 明治23年(1890)9月、実業界の統一と円満な発達を図るため、「商業会議所条例」が発布され、会議所に初めて法的基盤が与えられ、全国各地の大都市に商業会議所が設立されました。
 当地区においては、明治42年(1909)柳井商業協会として発足し、神田静治、弘田与三郎、河村庄兵衛が会長に就任しました。尚、大正2年(1913)河村庄兵衛のときに名称を柳井商業会議所と改め、以後、佐川延治、神田友二、福田清一が歴代会長に就任しました。
 昭和2年(1927)7月、新しく公布された「商工会法」に準じ、柳井商業会議所は柳井商工会に改組し、佐村清一が会長に就任しました。
 昭和16年(1941)柳井商工会は、商業報国会と商業推進隊に改組し、おのおの会長に尾林宗兵衛、隊長に萱原高枝が就任しました。
 終戦後、川本佐一郎が任意の経済団体として柳井商業振興会を組織し、久保町ぬしだ家具店に看板をかかげ、これを基礎に、昭和22年(1947)6月、柳井商工会議所(任意)として発足し、旧柳井町役場(現 柳井川河川公園ポシェットパーク)に事務所を移転しました。
 昭和28年(1953)10月、現行の「商工会議所法」が施行され、これにより、戦後の新生 商工会議所の健全な発展の指針が示される一方、このように法律に基づいて規制されることを明示することにより、その地位の向上が図られました。
 昭和29年(1954)3月31日、柳井市制が施行されたのを受けて、正式に商工会議所を設立する気運が高まり、発起人総代に神田吉松が就任し、設立準備を急ぎました。
 昭和29年(1954)9月25日、柳井商工会議所設立総会を柳井市役所議事堂(現 サンビームやない)において開催し、これを受けて、昭和30年(1955)5月10日、柳井商工会議所設立発起人をもって商工会議所設立認可申請書を通商産業大臣に提出しました。
 昭和30年(1955)7月11日付で通商産業大臣から設立認可を得、ここに地区内における商工業者の共同社会を基盤とし、商工業の総合的な改善発達を図り、かねて社会一般の福祉の増進に資し、もってわが国商工業の発展に寄与することを目的とした公益法人としての「柳井商工会議所」が正式に誕生し、事務所を柳井市姫田14-43に移し、業務を開始しました。
 平成18年(2006)4月には、柳井市中央二丁目15-1に事務所を移し、現在に至っております。

<歴代会頭>
 第1期(昭和30年7月〜昭和31年3月) 神田吉松
 第2期(昭和31年4月〜昭和33年3月) 神田吉松
 第3期(昭和33年4月〜昭和35年3月) 神田吉松
 第4期(昭和35年4月〜昭和37年3月) 神田吉松
 第5期(昭和37年4月〜昭和39年3月) 竹内恵美
 第6期(昭和39年4月〜昭和41年3月) 竹内恵美
 第7期(昭和41年4月〜昭和43年3月) 竹内恵美
 第8期(昭和43年4月〜昭和45年3月) 井森今助
 第9期(昭和45年4月〜昭和47年3月) 井森今助
 第10期(昭和47年4月〜昭和49年3月) 井森今助
 第11期(昭和49年4月〜昭和52年3月) 井森今助
 第12期(昭和52年4月〜昭和55年3月) 井森今助
 第13期(昭和55年4月〜昭和58年3月) 井森今助
 第14期(昭和58年4月〜昭和61年3月) 井森今助
 第15期(昭和61年4月〜平成元年3月) 井森今助
 第16期(平成元年4月〜平成4年3月) 井森今助
 第17期(平成4年4月〜平成7年3月) 井森今助〜藤麻功
 第18期(平成7年4月〜平成10年3月) 藤麻功
 第19期(平成10年4月〜平成13年10月) 藤麻功
 第20期(平成13年11月〜平成16年10月) 藤麻功
 第21期(平成16年11月〜平成19年10月) 藤麻功
 第22期(平成19年11月〜平成22年10月) 藤麻功
 第23期(平成22年11月〜平成25年10月) 藤麻功
 第24期(平成25年11月〜平成28年10月) 藤麻功
 第25期(平成28年11月〜平成31年10月) 藤麻功

Memo    
●メモ:  

資料提供:柳井商工会議所
監修:松岡睦彦

 
〒742-8645 山口県柳井市中央二丁目15-1
TEL0820-22-3731 FAX0820-22-8811
当WEBサイトに掲載されている全データについて無断転載・引用を禁じます。