バナー
本文へジャンプ HOME 

いぬいとみこ

Title:イヌイトミコ


Photo



Data

 いぬいとみこ(本名:乾冨子)は、路傍の石文学賞や、国際アンデルセン賞佳作賞など数多くの文学賞を受賞したことでも有名な、柳井ゆかりの童話作家です。
 大正13年(1924年)東京に生まれ、父の勤務の都合で来柳。昭和19年から昭和22年までの3年間柳井に居住し、柳井幼稚園、柳美幼稚園、ほまれ保育園(ほまれ園)に勤務しました。
 作品『川とノリオ』には柳井川や宝来橋が、『光の消えた日』には光台寺の情景が描かれています。
 平成13年、ゆかりの三ケ所をむすんで「いぬいとみこ文学碑」が建てられました。
 その一つ柳井幼稚園の入口 光台寺山門前の石碑には、『光の消えた日』の一節が刻まれています。

『光の消えた日』の一節・・・
 左側の松林の上に、そりのついた瓦屋根のやぐらをのせた、白いしっくい塗りの山門が見えた。
 小さいながら古風なつくりの山門は、あたりからくっきりと切りたって見える。
 光台寺の古風なこの山門を見ると、朋子は‥‥

Memo    
●メモ: 柳井市発行『ふるさとの碑』参照

資料提供:柳井コミュニティーミュージアム・豊笑家・柳井市図書館HP
監修:松岡睦彦
H23.08加筆
H23.12加筆

 
〒742-8645 山口県柳井市中央二丁目15-1
TEL0820-22-3731 FAX0820-22-8811
当WEBサイトに掲載されている全データについて無断転載・引用を禁じます。