バナー
本文へジャンプ HOME 

鴉島(烏島)

Title:カラスジマ


Photo


(撮影場所:室津半島スカイラインから鴉島を望む)

Data

 伊保庄近長の海岸から1kmほどの沖合に鴉島(烏島)という無人島が浮かんでいます。
 昔、この島にはカラスが多く、ここをねぐらにしていたということからこの名前がついたといいますが、今はあまり見かけません。
 その島の東端の波打ちぎわに、若山牧水の詠んだ歌が刻まれた歌碑があります。

 「からす島 かげりて黒き 磯のいはに 千鳥こそをれ こぎよれば見ゆ」

●若山牧水と村上磐太郎●
 伊保庄の村上磐太郎は大正10年(1921年)、若山牧水の門に入り可卿と号し、のち創作同人となりました。
 大正14年(1925年)11月3日、若山牧水が喜志子夫人とともに、牧水の郷里宮崎県へ里帰りの途中、柳井駅に下車して、村上家の依頼によるハイヤーで、可卿を訪れています。
 そのときの牧水の歌三首がありますが、そのうちの一首がこの歌です。
 鴉島(烏島)の波打ちぎわにこの歌碑を建てたのは村上可卿で、昭和19年(1944年)のことです。

●石碑建立●
 昭和19年、日本海軍が島周辺で演習訓練をした際のお礼に何かしたいと申し出たところ、村上可卿の希望で、鴉島の東端の波打ちぎわの岩の上に歌碑(石碑)を建立したとのことです。碑の立つ岩は、干潮時には陸続きの岩、満潮時には離れ岩になります。

Memo    
●所在地: 柳井市伊保庄近長沖
●交通アクセス: ・渡航便なし 
●連絡先: 柳井市役所商工観光課 TEL:0820-22-2111
柳井市教育委員会 生涯学習課 TEL:0820-22-2111(内線332)
●メモ: 柳井市発行『ふるさとの碑』参照

資料提供:柳井コミュニティーミュージアム
監修:松岡睦彦

 
〒742-8645 山口県柳井市中央二丁目15-1
TEL0820-22-3731 FAX0820-22-8811
当WEBサイトに掲載されている全データについて無断転載・引用を禁じます。