バナー
本文へジャンプ HOME 

雁木

Title:ガンギ


Photo



Data

 柳井川左岸(北側)に残る石段は、「雁木(がんぎ)」といい、その昔、川をさかのぼってきた艀(はしけ)から荷物の積みおろしができるように作られた当時の船着き場の名残りです。
 雁木の名前の由来は、ギザギザの階段が、水面にうつると、空飛ぶ雁(ガン)の群れに似ていることからつけられています。
 雁木は、岸壁と違って、潮の満ち干や河川の流量変化による水面の上下に係わらず昇降や荷役ができるため、近代以前の船着場で多く見られました。艀から板を雁木に渡し、荷物の積おろしがされていました。

Memo    
●所在地: 柳井市古市 柳井川左岸(北側)
●交通アクセス: JR山陽本線柳井駅から徒歩で5分
●連絡先: 柳井市観光協会 TEL:0820-23-3655
●メモ:  

資料提供:やないコミュニティーミュージアム・豊笑家
監修:松岡睦彦

 
〒742-8645 山口県柳井市中央二丁目15-1
TEL0820-22-3731 FAX0820-22-8811
当WEBサイトに掲載されている全データについて無断転載・引用を禁じます。