バナー
本文へジャンプ HOME 

日積八朔大踊り

Title:ヒヅミハッサクオオオドリ


Photo


(写真提供:柳井市総務課)

Data

 柳井いろはかるたに「みんなおどろよ 八朔踊り」と詠まれる「日積八朔大踊り」は、柳井地方最後の盆踊り(浴衣の着納めとも呼ばれている)として200年近く続く、五穀豊穣を祈念する風鎮祭です。
 本来の日積八朔踊りは、岩国音頭で終始おどられるもので、近郷から音頭師、太鼓師、踊り子など多数参加し、最近、以前ほどではありませんが、そのにぎわいを復活しています。
 日積大帯姫八幡の広い境内の中央に櫓を建て、短冊や五色のテープで飾られた、近郷では見られない見事な櫓が踊りを彩ります。
 本来、9月1日の八朔の日に踊られることからこの名前がありますが、最近は、9月1日直前の土曜日の夜に開催されています。

Memo    
●入館料: 見学自由
●開館時間: 19:30〜(変更される場合があります) 
●開催日: 毎年9月1日直前の土曜日
●開催地: 柳井市日積大里(日積大帯姫八幡)
●交通アクセス: ・JR山陽本線柳井駅からバスで40分
・山陽自動車道玖珂ICから車で15分(国道437号経由)
●連絡先: 柳井市観光協会 TEL:0820-23-3655
●メモ:  

資料提供:山口県観光連盟
監修:松岡睦彦
H23.08加筆

 
〒742-8645 山口県柳井市中央二丁目15-1
TEL0820-22-3731 FAX0820-22-8811
当WEBサイトに掲載されている全データについて無断転載・引用を禁じます。