バナー
本文へジャンプ HOME 

防予フェリー

Title:ボウヨフェリー


Photo



Data

 柳井いろはかるたに「オレンジラインで 瀬戸の船旅」と詠まれる防予フェリーは、柳井港(山口県柳井市)と三津浜港(愛媛県松山市)を結ぶフェリー航路です。
 防予フェリー株式会社は平成22年8月の設立。その前身である防予汽船株式会社は、昭和34年10月の設立。もともと焼玉機関による旅客船での航路でしたが、昭和40年にディーゼル機関によるフェリーを就航。人と車を運ぶ本州・四国の大動脈として、その役割を果たしています。
 柳井・松山航路は、営業距離61.2km、所要時間は2時間30分〜2時間35分、終夜運航を行っています。
 船上から眺める光きらめく瀬戸内海と、緑鮮やかな大小の島々がおりなす多島美、潮風と磯の香りに心癒されます。時にはイルカの群れを発見することもあります。

●柳井港について●
 柳井港は、山口県東南部に位置する地方港湾です。
 本港の背後地である柳井市は、県東南部における経済文化の中心として、また、織物の街、商人の街として繁栄してきました。
 本港は、古くから周防大島町や周辺の島々、四国への旅客基地として栄えてきましたが、昭和40年の柳井・松山航路のフェリー航路就航後、県東部における海の玄関口の役割をますます強めています。
 平成2年に中国電力柳井火力発電所の操業が開始され、また、発電所のLNG貯蔵施設を利用した一般用ガス事業も展開されており、背後地の産業経済をはじめ、市民生活にとって重要なエネルギー基地となりました。
 もともと柳井港は、明治17年(1884)に近藤唯治が私財をもって独力で築造した歴史をもっています。
 現在、柳井港からは、松山航路、平郡航路、祝島航路が就航しています。

Memo    
●所在地: 柳井市柳井港→愛媛県松山市三津浜港
●交通アクセス: ・JR山陽本線柳井港駅から徒歩で3分
・山陽自動車道玖珂ICから車で25分
●連絡先: オレンジライン予約センター TEL:0820-22-3311
●メモ: 防予フェリー
http://www.boyoferry.co.jp/

資料提供:防予フェリー・防予汽船・豊笑家・山口県
監修:松岡睦彦

 
〒742-8645 山口県柳井市中央二丁目15-1
TEL0820-22-3731 FAX0820-22-8811
当WEBサイトに掲載されている全データについて無断転載・引用を禁じます。